創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

ドMか

 私達が通常使用しているお金と呼ばれるものですが、あれが何なのかちゃんと説明できる大人が割と少ないように思います。私も含め、ちゃんと教わって来なかった人が大半だろうから仕方ないと言えばそれまでですが。

 お金に限らず、実体が何なのかよくわからないものに振り回されたり、それが増減することで満足や不安という気分までコントロールされ(出来なくなってしまう)たりすることは世の中には沢山ありますよね。
 人によっては、給与明細の数字や、SNSのフォロワーの数やアクセス数とか、お酒の種類やその飲む量であったり、何かしら受けるサービスの内容であるとか、睡眠時間や眠りの質にだってこだわる人がいます。
 宗教もその一つと私は捉えています。宗教だけをやたら批判する人が多いと感じるけれど、この世界や人間の仕組みを俯瞰すれば共通項の多さに気が付きます。

 何の為か。気持ちよくなる(ある)為です。
 
 要するに信仰とこだわりは似て非なるものではあるけれど、結構勘違いしている人がいるのではないかと思うんです。

 お金さえあれば何でも手に入る、みたいな、信仰のような勘違いが一番厄介な刷り込みだと思います。
 例えば貯金する人は死ぬまで使わないことが多いみたいですね。私もそうです。一定のお金は子孫に譲り受けようとして残そうとする人です。これだって誰かからの刷り込みだと思ってます。それ以上に価値のある知恵を子孫には残したいと思っております。
 私は昔はお金が嫌いでした。お金に苦労させられてきたと感じてきたからです。でも、今は好きになりました。苦労した原因はお金のせいではないと思う。
 お金というものが一体何なのか、理解したからそう思うようになったんでしょうね。その話は追々。

 その昔、復興期に国をあげて貯金をしようみたいな流れがあったと聞きます。言うなればその意図は突き詰めると「納税しろ」ってことになりますよね。国の民意誘導政策だった訳です。
 郵貯などに入れておけば、大半の人はそう頻繁に下ろすことも少ないから、官僚がその「本人が死ぬまで使わないお金」で投資運用など勝手にやりたい放題ですからね(言い方w)wそうやってまんまと国民は騙される訳です。利用価値を知る者の中には喜んで納税する人もいなくはないけれど。

 私が一番腹立たしいのは、例えば年金が足りなくなるから納税額を上げようといった意味不明なことを抜かす政治家や有識者の連中です。あの人達はどこからかお小遣いでも貰っているのでしょうか。完全に論点がおかしいと思います。
 年金が無くなったのは別の投資運用で失敗したこの国の責任であって、国民がその失敗の尻拭いをするために増税を受け入れなければならないんだ、などという論調は、明らかにおかしいと思うんですよ。ちーがーうーだーろー!違うだろ!
 偉そうなこと言う前に国民に頭下げろよって思うんですw「申し訳ありません!皆様の大切なお金を運用に失敗し溶かしてしまいました!」と。この○ゲー!wwwある意味犯罪ですよ、これは。

 運用政策で損失を取り戻す努力を死ぬ気でするとか、ばら蒔き外交をやめるとか、または特別会計から捻出すれば何の問題もない話なのにさ、そこはタブー視して触れず。財政破綻という不安を煽って増税やむ無しの論調に世論誘導する有識者よ。言っとくけど、この国は絶対に財政破綻なんかしないからな。いや、出来ない。断言する。知ってるくせに……と思うんですよね。
 理由を書くと更に眠くなるから詳しくは調べて勉強して下さい。面白いよ。私達がどれだけ間抜けで無知かが解りますから。下らない陣取り合戦をいつまでやってんのと言いたくなるよ。そんなもんに税金を使わないで欲しい。

 こうした現実を私達は何で黙っていられるのでしょうか。それは、あまりに実体を知らない、知ろうとしない人が多いからだと思います。はっきり言って病気です。思考停止という病気だと思います。そうさせられてきた、という方がしっくり来るかも知れませんが。

 お金というのは媒体であって価値そのものではないことは皆さんもご存知だと思います。紙や数字にしておいて後で必要な物や、他者からの労働を買ったりする為の媒体なんですよ。共通の信頼あってのものです。今あなたの手元にあるお金は、国に貸し付けた証券ですよ。沢山持ってる奴はそれだけ国に金貸してる人ってことです。そう考えたら偉くもなんもない。偉い金持ちというのは、その金で何をしたかで決まると思うんです。他者への貢献度しかない。
 そういった意味では、泥棒みたいな奴を何度も当選させてることが問題な訳です。国民の生活が潤う為のルールを作れない、官僚任せな奴を先生だのなんだのと仰々しく呼ぶのはおかしな話だと思うんですよね。公僕って言葉をもう一度よく考えて欲しい。
 そうは言ってもライちゃんよ、世の中はな……という加齢臭のする声が聞こえてきそうですがw信じてたもんに見捨てられたらどんな顔するのかな、そういう人は。そんなことを考えてしまう今日この頃です。

 神はお金、信ずるは欲望。ですか。世知辛ぇ。でもね。そんな世界でもね、無くしちゃいけねえもんが、私達にはあると思います。ただ押し付けるものではない、だからそれを何と呼ぶのかは、皆さん一人一人が考えることだと思います。

 それでは皆さん、楽しい週末をお過ごし下さい。以上