創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

読書の秋2

 当たり前と言われたらそれまでですが、速読の速さは知識量と比例します。動体視力を上げるだとか、斜めに読むとかいう体力勝負は無意味じゃないかなと。そんなことを頑張るくらいなら、時間かけて一冊じっくり読んだほうがいいです。
 内容を事前にわかっているものは速く読めるんですよ。逆を言えば、全く知識がない内容には、脳は酷く疲労するんです。一度読んだものや、得意分野のもので試してみて下さい。一つのジャンルで二百冊を越えたらもう、眺めるだけで頭に入って来るようになりますよ。これはなってみないと説明しても無駄な話ですが。
 未開拓分野を速く読むコツは、しっかりと目次を読んでから読み進めることぐらいだと思います。全体の流れを把握してから集中すれば、幾分か速く読めると思います。

 何故に私が速読にこだわるかというと、もう残りの人生で世界中の全ての名著を読むことは不可能だからです。毎月様々なジャンルでどれほどの新刊が出ているか俯瞰してみれば、考えるまでもない。

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ」という言葉があります。byガンジー

 学びとは人生最大の娯楽、とはよく言ったものですね。今思い付いた言葉を記して今日は筆を置こう。

「終わりがあるから、ワクワクできる」byライアーw 

 死ぬまで奴隷の人には、この言葉の意味はきっとわからない。こんな悲しいことは、どこを探してもない。以上です。