創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

ありがたみ

 簡単な食事は存在しない。
 俯瞰してみると解りますが、例えば、イカの塩辛とか、ふりかけでご飯食べるとして、これを「簡単に済ませる」という感覚で済ませてしまう人は人生有り難みが足りないと思うんですよ。いや、感謝といったほうがいいかも。目の前にある奇跡っていうのかな。そのくらい周りに有るものや人に感謝出来たら毎日楽しい。

 私の住む栃木県で、海の幸食べるのなんか奇跡だべ!くらい有り難いって思えたら、普段の食事もひたすら上等なものに見えてくるわけです。
 「このお寿司のお魚、どんな形してるか知ってる?」なんてね、意外に知らないこと多いんだよね。寿司ネタのまま泳いでる訳ねえだろ。そうでしょ。
 普段からそこに有るものを当たり前と思うなってこと。
 ブログでも同じこと。アクセス数を数字としか認識しないのは簡単だ。
 私達人間は、その先まで見える能力がある。相手がどんな気持ちで書いているのか、読みに来てるのかを読み解く能力を持っている。それがたとえ見当違いだったとしても、それはどうでもいいんだ。単なる数としか捉えられないよりましだし、まだ人間としてまともな言葉が吐けるような気がする。人ならば、人間であることを味わいな。
 さあ、お飲みなさい。
 ふと我に帰った。これが今日、目の前にある缶コーヒーから私が教わったことです。遥かブラジルのどこかの豆に感謝。以上