創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

立場建前嘘本音

 本日は、久しぶりにとあるパーテーへ(打ち忘れじゃないよ)、社長の代行で参加してきました。
 県知事やら議員さんやら、お偉いさんが多数来てました。名刺があっという間になくなりました。こういう席は本当に苦手です。話すことがねえから。

 知っている人も多いと思いますが、警備の世界って警察OBが多数いる世界でして、私の隣に座った方なんか元警察署長さんだったりするわけでして。

 数年前に起きたあの事件やこの事件を担当した話、等を聞いておりました。あの時はテロと推測したワシントン・ポストが取材にきたんですよとか、新聞報道では絶対に知ることのない情報をペラペラと(いいのか・笑)たくさん聞いてきました。
 改めて思ったのは、民間人である我々が知ることの出来る情報は限られているという現実です。申し訳ないがコンビニの喫煙所なんかで、知った気になって事件の真相を推測で得意げに話すサラリーマンなどを見ると、ちょっと吹き出しそうになります。全然レアじゃねーからそれ。まあ仕方ないんですけどね。心痛まない人や無関心な人よりは全然ましです。ただ面白半分の人は腹立ちますが。

 そう言えば新潟の殺人事件、ようやく容疑者の逮捕状請求がされました。実に非情な犯行手口で、会場にいた方々も新潟の話を、怒りを滲ませながら口にしていました。今の本部長は大変だよなぁとか仰る人もいましたが。そこかよって腹が立ちました。
 容疑者は自供を始めているそうです。被害者のご冥福を心よりお祈り申し上げます。以上。