創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

メンタル武装トレ15「若返りの術・前編」

 なんだか最近、私の周りで老害という言葉をよく耳にします(笑)。ちょっと前には「暴走老人」なんていう言葉もありましたが(笑)うちなんかだと、妻の実家のお婆ちゃんとか、もう暴走特急みたいで凄くてね(笑)

 まあ、何でも枠にはめて「老害とはこういうものだ」と言うのは簡単で、どこかしらかデータ引っ張ってくりゃ誰にでも1つ2つは該当してしまうので(笑)一応言っておきますが、これは自覚の無い人が問題なのであって、気にされた皆さんは気にすることはないと思います。気にしない奴が気にしろよって話で(笑)。ムカついたのなら矯正すればいいのです。それが出来たら言われないか。

 さて、そんなわけで、文句言っても仕方がないので、ここでは抽象度を上げて解決策を書いていこうと思いますよ~。

 さてさて、昨今ではアンチエイジングという概念が日を追うごとに増加しているように思えます。明確なデータは知らないのですが、アンチエイジング効果があるという多種多様なサプリメントや化粧品等が次々と商品化され、男性用育毛剤の売り上げは爆発的かつ永続的に売れているし、若々しい肌を保つためにエステサロンとか、肉体改造のためにスポーツジムを訪ねるといった人達が後を絶たないのは皆さんも感じているかなと思います。

 こういったことを考えると、現代がいかに若返り願望に満ちた時代であるかを見ることが出来ますね。では、若返りという言葉を私達が口にするとき、それは一体どういった状態になることを示しているのでしょうか。まず、若返りの定義について一度考えてみましょう。

 古くから、若返りといえば肉体が若返ること、そんな風に考えていたと思います。肉体さえ若返らせることができれば、それに応じてテンションも上がって、世界が変わったように見えるんじゃねえかと。そんな風に「若返り」を捉えてきた人は多いのではないかと思います。

 確かに、自分の肉体が若々しく見えることは大切だと思います。見た目が若々しいと、周囲の人はその人にパワーを、エネルギーを感じます。そういう人の周囲には多くの人が自然に集まってきて頼られたりすることでしょう。

 若々しい。それだけでメリットになる。現代では、多くの人が熾烈な競争社会を生き抜いていく上での、そんな見た目の重要性に気付きつつあります。

 以前にも書きましたが、私の仕事は警備業の管理職であります。誤解を恐れずに言えば、現場では「見た目が8割のお仕事」なのです。制服をバリッと端正に着こなし、清潔な身なりで、明確かつ毅然な態度で、笑顔で優しい口調で応対してくる警備員さんならば、皆さんは「よし、この人の言うことなら聞いてやろう」と思うはずです。これが、ヨレヨレできったねえ制服をだらしなく着ていて、髪もボサボサ、ひげ面で覇気もなく、態度も悪かったらどう思うでしょうか。指示に従うどころか、殺意すら覚えませんか?(笑)。

 若返ることは、人生を次なるステップへと大きく進化することに直接的につながる問題だと思います。全ての人間が、若返りが真に可能となるなら、私たちの寿命は延び、生まれてから死ぬまでの間に達成できることは、飛躍的に増えると思います。なぜなら、私たちが本当に望むことを、より長い時間続けることが出来るし、より大きな結果を出せるようになるからです。若返りが可能になれば、現在の私達が抱いている理想や願望を遥かに超える豊かさを獲得できるようになるはずです。しかし、若返りを実現するために、どうしても避けては通れない問題があります。それは、人びとが従来から抱いている、若返りに対する考え方(思い込み)です。単に肉体だけを若返らせようとする従来の考え方を改めない限り、私達の望みは決して実現しないと思いますが、いかがでしょうか。サプリを飲み、エステに通うことで働きかけるような若返りの手段は、すでに時代遅れだと私は考えます。それこそ老害の考えではないかとさえ思うのです。

 若さや若返りに対する考え方を大転換させられるかどうかが、10年後、20年後の皆さんの人生において、老害なんて呼ばせない人間になれるんだぜ、ということに気づいて欲しいのです。

 次回、老化予防、若返りの具体的脳トレについて(はい、出し惜しみです)。以上。