創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

メンタル武装トレ4「フリーゴール設定・後編」

 皆さんもご存知だと思いますが、現代社会では自殺者が増加し、自己啓発がブームとなっているそうです。以前よりだいぶ落ち着いたかも知れませんが、まだまだ多くの人が、自殺したり、救いを求めています。利便性を追求してきた人類が、なぜ……と考えると、何のために生きているのか分からない人たちが増えているからだ、という1つの推測がなされます。これは社会が物質的に豊かになればなるほど、強まる傾向といえるでしょう。機械化が進み労働力が減ることで、生きる意義の欠乏状態が生まれると指摘する学者もいます。

 フリーゴールが現代社会において設定しづらいのはこのような理由も考えられますが、とにかく何でもいいので設定してみてください。どんなゴールでも構わないと思います。恥ずかしいと思わず設定しましょう。例を書いてしまうと例に縛られると思うので、今回は敢えて書きません。ちなみに私のゴールは人に言うと笑われるか泣かれるかのレベルです(笑)

 ゴールを設定し、その世界に強烈なイメージを持つことが出来れば、そのゴールの臨場感(リアリティー)が上がり、ホメオスタシスレベルがゴールの世界へと移行します。すると、見えなかったものが見えてくるはずです。これはオカルトでも何でもなく、自身の心理的盲点が外れることで、気が付くということです。引き寄せの法則などは、この原理を用いて「引き寄せた!」とやっているに過ぎないともいえます。厳密には、気付けた、が正解なのです。あとはそれらを受けとれる自分であるかどうかなのです。良い悪いの話ではなくて、ゴールの世界の自分から、ものを見る事が出来るということは、選択肢が広がる、ということになりませんか。

 居心地の良さが設定した世界へと移り変わっていくと、必ず起きてくるのが「現状への不満」です。あなたの脳にとってはゴールの世界がリアルになってくるのですから、脳はそちらに居心地の良さを求めてくるのは当然だと思います。

  1. ゴールの設定をする
  2. その世界の臨場感を上げる
  3. 見えなかったものが見えてくる
  4. 見えたことを実行する

 「ツキ」はないと以前書きましたが、仮にあるとするなら「ツキ」とはこういった抽象度の高い気付きのことであり、自分が知っていることをやった結果に対し、知らなかった人から「お前はツイてるなあ」と言われるだけなのです。解りますか。あなたにとって、それはツキとは言えないでしょう(笑)。勝つと解っていて挑む賭けのようなものです。それは他人には見えていませんから、知らない人は、イカサマしてるんじゃないか、くらいにしか思えないのです。その人はあなたよりも抽象度が低いから、そう考えることしか出来ないのです。

 注意点としては、現状の外にゴールを設定することです。現状の生活では到底達成できないと思えるような目標にしなければ、現状を打破できません。ホメオスタシスレベルの外に飛び出す行為なのですから「今の私の実力では到底不可能」と思えるような壮大な目標が望ましいと思います。

「現実的な夢ほど実現しやすい」という人がいますが、これは明らかに間違っています。現在の居心地の良さに収まるような、現実的と思える程度の目標は、この観点からすれば目標とは呼べず、しかもホメオスタシスの働きによって、必ず現状に引き戻されてしまうからです。かといってただ想像すればよいというわけではありません。ここがゴール設定の難しいところです。臨場感を上げる事が必須なのです。あなたがもし年商百億円企業のオーナーになる事が目標なら、あなたはもうその社長になったかのように振る舞わなければなりません(これ大事・笑)。ゴールに臨場感を持つのです。それが「ツキ」を呼ぶ最初の入り口なのです(ツキじゃないけどね)。 

 もう少し、ここの読者向けに踏み込ますと、

 例えばあなたにカルト信者の家族がいたとして、その家族が覚醒することが無理(現状の外側)だと、今あなたがそう感じているのなら、そしてあなたが、一家団欒の家庭を夢見ているのならば、あなた自身がそのようにまずは振る舞うことの方が、何よりも先ですよと、私は言っています。(熱いなぁ俺)

 なんとなく理解して頂けましたでしょうか。私は夢見がちの坊やではないのよ。これでもリアリストなのです。

 臨場感とは五感を総動員して体感したかのような感覚です。リアリティーというものです。現実に対しリアリティーという言葉は相容れない世界と思いがちですが、ここでは使います。脳は実際、何が現実かなんて区別がつかないからです(映画マトリックス参照)。これが私達が洗脳されてしまう理由の一つでもあります。

 自分で選択するという重要性が理解出来ましたでしょうか。半信半疑のそこのあなた。さあ、あなたはどこまで自分の理想の世界の臨場感を上げることが出来るでしょうか。焦らずにやりましょうね。

 次回はお待ちかね(?)、そのリアリティーの上げ方、保ち方について。以上。