創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

ちょっとだけ高次元な話をする

 創価アンチブログにまた新たなブログが誕生した。管理人さんの許可を得たら宣伝するつもりだが、そのブログはものすごい。いや、感嘆が漏れたよ。

 私が常々言う洗脳護身術の基本である、「圧倒的な知識と毅然とした態度をまさに地で行くブログです。感動した!(小泉元首相)

 いや、本当に感涙しました。理路整然とした主張は気持ちが良いです。今後も期待していきたい。

 

 次元の違う生き物が、例えば蟻が踏み潰されるとき。蟻からすればきっと何が起きたか解らぬまま圧死するだろう。一段上の次元から見れば、それが人間の足によるものだということが解ります。

 三次元。一枚の紙の中心へ、上から下へ球体がすり抜けたとする。これが二次元の、紙上の情報だけで見たなら、点が現れて徐々に円が大きくなり、やがて小さくなって消える、という現象に見える。物理空間に情報空間が通過するとこのように見えるのなら。これを生命現象と捉えるならば、まさにうつろい行くこの世界の現象を如実に表した表現ではないだろうか。私達が知りようもない、解りようもないものは、現象の更に上の高次元で、何かしらの現象が起きていることに他ならない。これが私は縁起だと推測している。私の主観だが、釈迦の悟りとはこの縁起の体感だと思っている。菩提樹の下で瞑想したその時、全て(カラクリ)が見えたのだと思うのです。ヤバいくらいロックな人ですね、釈迦さん。

 話を戻します。私達人間は、三次元に時間を含めた四次元に存在しているとされています。それなのに、三次元でものを見ることしか出来ない。ある人が、数時間後に死ぬ。これが解らない。様々な情報を統合することでその予測は付くが、起きてみるまでは信じられない、というのが本音だろう。即ち、私達が今いる次元から1つ上の視点で思考していかないと、私達は現状すら解らないということになりはしないか。

 物事を俯瞰して見るということは、このように抽象度を上げたものの見方となる。そうしないと現状が盲点に阻まれて見えないのです。高度な思考をする為には、余計な情動は必要なく、むしろ邪魔になります。

 抽象度の高い思考、これは脳の前頭前野という箇所で思考しています。この部分が異常に発達した生き物が、人間ということ。使わないと勿論、衰えます。

 情動を司る箇所は扁桃体と呼ばれる箇所らしく、構造上仕方の無いことなのだけど、各種情報はここを通らないとどうやら前頭前野まで辿り着けないようなのです。要するに、情動の影響を判断が受けるのですね。原始脳などと呼ばれる箇所であり、他の動物にもある部分です。厳しい言い方をすれば、情動に強く影響を受ける思考をするのは、猿やゴリラに近い思考レベルだということになります。

 情動に振り回されているうちは高度な思考など出来るはずもなく、従って情動至上主義みたいな人ほど思考力が低く騙されやすいという結論が導き出されます。洗脳するには感情をコントロールしちまうのが一番簡単だからです。恐怖と歓喜は紙一重。私達は脳のモードを状況によって的確に切り替える必要があります。これぞ護身術の醍醐味だと私は思っています。その簡単な切り替え方法は後で書きます。お楽しみに。

 

 私達は人間です。ゴリラにはなれない。私はかつてゴリラになりたかったことがあるけれど(最強のボディーガードだな・笑)

 私達が人たる所以は、先ほども申した通り、思考の抽象度を上げることが出来る生物だということです。唯一とは言わない。宇宙人もいるから(キリッ!笑)

 かつてホーキング博士は言いました。

「私にとっては脳が筋肉で出来ていなかったことが、最高の幸せだ」最高に笑えないジョークだ。不謹慎だが、声を出して笑ってみた。その時気が付いた。脳も筋肉と同様、鍛えられるということを。バカなりに努力出来るんだと思えて、嬉しかった。

 

 アンチブログに厳密なルールはないが、こうあるべきという理想はあって然るべきだ。騙されない為にも是非、高度な思考力を手に入れましょう。以上。