創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

脳の凄さ(エネルギー編)

 人間の脳は各種臓器の中でも一番エネルギーを消費しているのだそうです。一説には、脳をMAXで稼働させることが可能だとすると、瞬間的に原発十基分ぐらいのエネルギーが必要なんだとか。とりあえず死んじゃうよね。ということは、かなり抑えた設計であると思うわけです(笑)まあ、大飯喰らいの役立たずにならないよう気を付けたいものですが(笑)そして皆さんご存知の通り、まだ未知の機能が多く、理論があくまでも仮説として成り立っている分野があるとのこと。それにしても最近の脳科学の進捗は目覚ましいものがあり、情報処理等のロジックはほぼ解明されているようです。

 さて、そのような話は学者さん達に任せるとして(今後の研究成果に多大なる期待をします)

 この世のあらゆる疑問、全ての謎が解明されたら果たして我々はどうなるのだろうか。知的好奇心をくすぐられなくなる日が来たら、果たして人間という存在はどうなってしまうのでしょう……こんなことを考えていたら、ポジティブとネガティブの逆転現象が起きた(笑)

「全ての謎なんて解けないよ」という人は一見ネガティブ思考に見えますが、解けない方がいい、知らない方がいいこともある、という解答はあながちそうでもないことを忘れていました。私の大親友がそのくちです。何故なら、頭が良すぎちゃって(笑)答えを出した後の虚無感までしっかり計算する奴だから。

 例えば、後ろ姿がめちゃくちゃ美人の人っているじゃないですか(例えがクズですみません)。人生、面白おかしく生きるには、正面まで見ない勇気というのも必要だって言うんです。ファンタジーで終わらせる勇気みたいな(笑)ある種、悟っている感が半端ないんです。

「いや、俺は諦めない!必ず解明してみせる!じっちゃんの名にかけて!」という人がいて、もし本当に解明してしまったらどうなるか。その後、本当ににやることがなくなってしまうのではないか(笑)下手すりゃ絶望にうちひしがれる可能性だってある。それとも達成感に包まれながら天寿を全うするのだろうか。その答えは解明しないと解らないけれども(笑)

 こんなこと言っても、まだまだ解けない謎というものは、地下の石油よりもあると私は信じている。悠久の世界のほんの一瞬で全てを知ることはファンタジーということかな。解ってたまるかと解りたいの狭間で揺れる我が心。

 結局何が言いたいのか。何でも解った気になって生きる意味なんか何もねえよなってこと。これ、カルトに一生捧げる人に本気で問いたいんです。それって何にも知らないまま死んでいくのと何ら変わらないってことじゃないですか。呉越同舟という言葉があります。大きなお世話かも知れないが、同じ世界に生きる者としてこれからも問いかけていきますよ。

 

 おお、宇宙よ、どうか私を飽きさせないでおくれやす。