創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

どんだけザルなのか実験

 自分の脳がどれ程の盲点があるのかを思考実験したいと思います。

 まず、紙とペンを用意してください。そして、一分間であなたの持っている腕時計、もしくはケータイ電話を見ないで忠実にスケッチしてみて下さい。思い出して。はい、一分間です。描けましたか。では、実物と見比べてみてください。どれ程抜けがあったか数えてみて下さい。

 では、もう一度。腕時計を見ずに、今度は秒針がどこら辺にあったか思い出して下さい。え?さっき見てましたよね。

 

 普段見ている物ですらそんな感じなんですよ。どれだけ見えているつもりで生きているかってこと。面白いでしょう。脳ってめっちゃザルなんです。

 これは重要度が引き起こす問題で、時計は時間を見る物だという認識が、デザインよりも重要だからなんですね。そういった意味では、本来デザインなんてどうでもいいんです。でも、買うときにはこだわったりする。機能とかも。見ていないのにどういう訳だと思うのですが、いかがでしょうか。要するに、買うときの重要度と使用する時の重要度は違うってことですね(笑)。

 人は自分が重要と思ったものしか認識しない、という実験証明でした。以上。

 

 あ、そうだ、創価学会員さん。毎日見てる(と思う)あの御本尊、何で出来てるか知ってます?見えてます?あと、何て書いてあるか。見ないで一分間で書いてみて下さい。いや、まさか書けるでしょ?毎日見てる(だろう)し、重要なものなんでしょうから