創what?

詐欺カルトからの覚醒メソッドを主軸に、世の中に蔓延る「なんとなく受け入れているもの」に風穴を開けましょう。こちらは、膨大な量の刷り込みにより凝り固まった思考を解きほぐし、自分らしさを解放し自由に生きる為のブログ。

呼吸の力

 全部嘘法を駆使して疑問に思ったことを紹介したいと思います。

 最近までずっと、○○体操やら○○運動やら○○健康法と呼ばれるものを体の為だと思って生きてきた自分に気が付いた。もしかしたらそれも違うんじゃねえかと疑いを持って、今まで覚えてきたものを見直した。

 例えば呼吸法というものがある。やり方は様々あるが、端的に言えば代謝を上げて健康になろうとするものだ。武道では専ら呼吸を使った技術があったりする。呼吸とは生きる上で絶対に必要な作業だ。息(生き)をするってことだと思う。

 これは果たして体の為なのだろうか。脳が必要とするものはブドウ糖と聞いた。それともう一つ、酸素だ。呼吸が出来ずに酸欠状態になると真っ先にやられるのが脳だ。呼吸法というのはもしかすると脳の活性化の為に良いのではないか。そう考えていたら、先人の知恵というものの素晴らしさをより一層理解したような気になってきた。

 勿論、体にいいことは間違いないと思うが、脳が体に影響を与える事実はもはや私が説明するまでもないだろう。

 酸欠状態がいかに思考力を鈍らせるかは読者の皆様も経験済みだと思います。ガンガンに呪文を唱えたりした事のある人は特にだ。

 

 ここで、私が良いと考える呼吸法を紹介します。まずは長生きの秘訣とされる「長い息をする」というやつね。ゆっくりと鼻から吸ってゆっくりと口から吐くというオーソドックスなやり方があります。横になっても立ったままでも出来ます。はっきり言って、これだけで良いんじゃねえかとさえ思う方法です(笑)

 そこにライアーが考案した方法を混ぜてみます。まずこの呼吸を始める時に、最初にゆっくりと息を全部吐き切ってから始めるというものです。

 肺の中に淀んでいるイヤーな空気を全て捨てるような気持ちで一旦吐いてしまいましょう。それから、吸いたくなる衝動を抑えつつ、新鮮な空気が、じわじわと爪先から頭のてっぺんまで満たすイメージで、ゆっくりと吸いましょう。それからまたゆっくりと、頭から爪先まで抜いていくイメージ。

 この方法が効率良いと思います。脳が身体の隅々まで自己管理していることを再確認出来るからです。感覚の鋭い人は調子の悪い箇所が解ったりもするかも知れないし、何より満たされるイメージが脳に良いのです。脳も心も言葉は違えど抽象度の違いだけで実は同じものです。

 辛いことや悩み事のダメージを軽減する方法でもあります。死にたくなったり、殺したくなった時にでも、気が向いたらやってみてください。生きていることを実感出来ます。本当に死にたかったら息を止めればいい。ね。どうしようもなく生きていたいんだよ私達は。きっと下らないことを考えている自分が心底馬鹿馬鹿しくなってくるはず。あなたの脳はそれを知っています。行動の伴わないまやかしの知識なんか捨てちまえとね。さあ、息をしよう。